Teams

IPエンハンス部

IPを軸にしたアプローチを目指す

Members

IPエンハンス部マネージャー高橋 麗菜ブラウザゲームプラットフォーム「enza」の立ち上げから、ゲームタイトルのプロデュースまで幅広い業務に携わる。

IPエンハンス部チーフ髙橋 一樹「enza」運営チームを経て、ゲームタイトルの開発ディレクションや、グループ各社の事業部との調整を行うコーディネーターも担う。

IPエンハンス部チーフ藤田 智樹「enza」を活用したサービス連動事例を数多くプロデュース。現在はIP公式サイトのディレクションを中心に幅広く活動。

IPエンハンス部は、エンターテインメント事業を幅広いジャンルで手がけるバンダイナムコグループにおいて、IPを軸に各サービスのつながりを強める事で、お客様のニーズにあったサービスの展開強化の一翼を担う事を目指しています。グループとお客様のつながりに着目し、双方にとってより良い施策を実施する為の提案を行っていきます。そんなIPエンハンス部で働く3人に、その魅力や今後の展望について話してもらいました。

顧客の見える化が第一ステップ

現在の仕事内容(目標・やりがい)

高橋(麗)「IPエンハンス」というのは造語でして、グループ内でも異色の業務を行っています。バンダイナムコグループが取り扱っている数多くのIPは、今はまだ、おもちゃや家庭用ゲーム、映像など、事業ごとにお客様と向き合っているのが現状です。今後は、プラモデルを買ったお客様、ゲームを買ったお客様、と別々に向き合うのではなく、サービス・製品を跨いで1人のIPファンとして捉え、そのお客様にとって最適なサービスの提供やプロモーションを行っていくことが重要と考えています。その為の新たな取り組みをグループ各社と連携しながら実現させていくことをミッションとしております。

藤田とは言えまだ発足したばかりですから、具体的な業務目標で言いますと、お客様をより深く理解することを第一に考えています。各事業部とコミュニケーションが非常に重要であり、世界中で人気のあるIPに複合的に関われることはやりがいにもつながっています。通常は、担当している業務で関われるIPは限られてしまうことが多いのですが、数多くあるビッグタイトルに複数、しかもさまざまな側面から携われることはそれだけでも大変貴重な経験ですし、モチベーションにもつながっています。

髙橋(一)そうですね。あと、私たちはどちらかというと縁の下の力持ち的な部署ですから、人のサポートが好きな人には向いていると思います。

世界中で人気のIPに横断的に関われる夢のある部署

仕事の魅力・醍醐味

藤田先ほどと似たような話になってしまいますが、人気のあるIPに複数関われるだけで本当ワクワクしますね。グループ全体として、基本的には事業領域ごとに組織が分かれているので、担当IPの中で更に担当する業務は細分化されていきますが、それらを横断した関わり方ができるのはBXDのIPエンハンス部の大きな特長ですね。

高橋(麗)そうですね。やはり横断が一番の魅力だと思います。あとはグループ全体を巻き込んだプロジェクトですから、大きなビジネスに関わっている、という自負はありますね。長期ビジョンが求められますから、目先の失敗で落ち込んでいられないので。根性は付きますよ(笑)

髙橋(一)さまざまな関係者とコミュニケーションが取れる事も楽しみの一つですね。チャレンジングな取り組みですから、相手から理解を得られた時は喜びもひとしおに感じます。“1人のファンとして捉える”と、言うは易いですが、具体的な手法を検討するのは困難です。IPや事業によって表に見える形は違いますし、データの捉え方や取得方法もまちまちなので、考慮すべき事柄が本当に多種多様にあります。それを、一歩ずつ着実に解決していくのは大変ですが、やりがいも大きく、貴重な体験をしているなと感じます。

ホスピタリティを意識しつつ最適な提案を行いたい

チームの強み・大切にしていること

藤田大きな強みは、私たち3人がエンジニア出身ということですね。技術的な背景がないと出来ない訳ではありませんが、各社の担当の方と打ち合わせをする中で、相手の要望を引き出し、具体的かつ実現可能なシステムを即座にイメージ出来た方が、判断スピードは上がりますから。技術的な知見が役に立っている事を実感しています。

髙橋(一)あと、ホスピタリティは大事にしています。少し触れましたが、僕たちは縁の下の力持ち的な側面がありますから、担当の方の要望や意図を正しく汲み取ることがとても重要です。

高橋(麗)その通りですね。加えて、寄り添うだけでなく客観的な視点を意識することも大切で、打ち合わせにおけるファシリテーション能力や、IPに複合的に関わっているからこそ導き出せる、ファンが求めることを提案する企画力も重視しています。
マネジメント観点では、IPエンハンス部の体制を最適化していきたいですね。私たちの強みでもある技術的な知見は、常時必要という訳ではないので、各社と向き合って要望を吸い上げるチームと、その要望をどうシステムに落とし込むかを考えるチームとで2層化できれば、もっと活動の幅を広げられると考えています。

熱い想いがあり、欲張りな人におすすめ

入社希望の方に向けてのアドバイス

藤田バンダイナムコグループが手掛けているIPに興味がある方は、是非BXDも候補に入れて欲しいですね。特定の商品が作りたい!という人にはあまり向かないかもしれませんが、アレもコレもやりたい、という欲張りな人にはうってつけだと思います(笑)

髙橋(一)表舞台に華々しく立つ仕事ではありませんが、多彩なIPに関わり、支えることができる会社はグループ内外で見てもそう多くはありません。IPが好きで、やりがいや達成感を求めている人は是非ご一考ください。

高橋(麗)BXDは独自のプラットフォーム「enza」での知見を活かして、ブラウザゲームの海外展開も果たしました。IPファンは当然の事ながら日本だけなく、海外にも大勢いらっしゃいます。さまざまなアプローチで世界中のファンに最適なサービスを届けていく、その大きなビジネスに関わりたい人は是非一緒に働きましょう。

Message

バンダイナムコグループが手掛けているIPが好きな人にはおすすめです。
私たちと一緒にファンに最適なサービスを届ける為の仕組み作りをしませんか。

応募する